化学物質過敏症の方から、柿渋でベニヤ板のニオイを封止できたと聞いて、改めて柿渋に注目しております。

安心・安全な塗料だと思って使っていましたが、調べてみると確かにびっくりな効果が見つかりました。

柿渋って何?作り方は?


この柿渋動画シリーズ、詳しすぎて逆にわかりにくいですが面白かったです。

渋柿とは、未熟な青い柿を絞り、その汁を発酵・熟成させた液体です。めっちゃくさい、らしいです。

縄文時代までさかのぼれるくらい、古代から塗料や染料として使われてきました。

柿渋の効果


柿渋に含まれる、カキタンニンの作用がすごく魅力的なんです!

1.抗菌作用

柿渋には抗菌作用があり、インフルエンザなど様々なウィルスを不活性化させたという研究があります。緑茶など、他の抗菌作用をもつ植物性カテキンと比較してもダントツの効果だったそうです。

また、奈良大学の研究では、コロナウィルスの不活性化にも有効なんだとか。
参考:広島大学大学院医歯薬保健学研究院ウイルス学の坂口教授の研究

健康を害する大腸菌・白癬菌(水虫)・ブドウ球菌の増殖なども防ぎます。

なんと、コロナウィルスの不活性化にも有効という研究も奈良大学で行われています。

2.防腐作用

柿渋は、法隆寺や薬師寺の建材に使われています。木材腐食菌の増殖を防ぐ効果があり、防腐剤として有効です。

「腐る」って、細菌が増殖しておこる作用なので、柿渋の抗菌効果を考えると納得できますね。

3.防水効果

柿タンニンには縮合重合する性質があり、塗り重ねてできる皮膜はどんどん丈夫になります。

想像しやすいところでは、和傘に塗られています。よく時代劇で貧乏侍が番傘作りの内職する時に塗っているアレ、柿渋です。

ただ、屋外では耐久性に欠けるようなので、なるべく屋内での使用がおすすめされていました。

4.防カビ効果

柿渋にはカビを防ぐ効果もありました。
奈良県森林技術センターで実験された方がいるようです。
木酢液・ヒノキ精油・ヒバ精油と比べても、柿渋の防カビ効果は圧倒的です。

5.耐久性アップ

柿渋を塗布した表面に皮膜のようなものが形成されることで、耐久性がアップします。
紙袋に柿渋を塗ると、何度も繰り返し使える、エコな紙袋ができあがります。

6.消臭効果

柿渋配合のボディーソープやシャンプーなど、よく見かけますよね。
中高年男性の「加齢臭」に効果的だという。

化学物質過敏症と柿渋

いえいえ、柿渋の消臭効果は、それだけではないんです。

柿渋に含まれる柿タンニンは、様々なものを吸着する効果があります。
揮発成分の捕集剤として使われる」こともあるそうで、それこそ、化学物質由来のニオイも吸着してくれることが期待できそうです!

 

下記サイトでは、揮発成分であるホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの吸着・中和能力のデータがあります。(※出典は調べきれませんでしたが)

柿渋タンニンとは?

公益財団法人 日本合板検査会に、VOCの発生源をまとめたものがありました。ホルムアルデヒドをはじめ、上記データで100%吸着できていたものたちです。

え、本当に?これもう身の回りのあらゆるものに柿渋塗り倒すしかないんじゃないかという気がしてきますね。

 

ただ、「すまいの科学情報センター」によれば、柿渋が長期的にホルムアルデヒドを分解し続けられるかどうかは要実験だそうです。

個人的にやったこと

個人的な経験では、和室のふすまと、無垢板のフローリングに柿渋を塗りました。
DIYした木工製品にも塗っています。

塗るじたいは難しくないですよ!

柿渋の塗り方


染み込むように、何も塗装のない白木の状態で塗ります。表面をサンドペーパーなどで少し荒らすとなお良いかと。

用意する道具は?

塗る面積や期待する仕上がりにもよると思いますが、刷毛とボロ布があれば塗れました。
テクスチャとしては、ビシャビシャした感じです。

柿渋を塗るときの注意点

塗っている時はちょっと薄いかな?知っている柿渋の色じゃないから、もっと塗り重ねないとな、と思っていました。でも、しばらくすると、だんだん濃くなります。

紫外線でも反応が促進されるので、太陽に当てるとムラになりやすいです。陰干しでゆっくり発色させるのがいいそうです。

ちなみに無垢材は柿渋の水分で反りやすくなりました。お気をつけて!

おすすめの柿渋

それでも、化学物質過敏症的にはどんな柿渋を買えばいいのか、迷いますよね。

無臭柿渋 柿多冨 1L


私はこれを買いました。

柿渋は臭いものと聞くので、無臭って何か薬品を使った加工しているのかも?と思いました。
ただ、遠心分離機を使ってカキタンニンと臭いの成分を分けて、臭い部分を取り除いているだけなんだそうです。

この柿多冨は、パハロカンパーナさんでも紹介されていました。

ターナーの無臭柿渋 2L


ちょっと多めに欲しい場合、ターナーの柿渋の方が割安です。

「カナリアの手帖」の横山奈保子さんも、ターナーの柿渋を使われたと紹介されていました。

伊勢型紙 おおすぎ

こちらの柿渋では、化学物質過敏症の方からの感想が見つかりました。
サンプル対応してくれるようです。
伊勢型紙 おおすぎ

おまけ:柿渋は飲用もできる!?

塗料としてだけではなく、飲用することも可能です。
個人的な感想では、これはおまけとして考えたほうがいいかもと思っています。

それでも、ここまで調べているうちに、だんだん柿渋が欲しくなってきました。

飲用の魅力は、柿独特のポリフェノールによって抗酸化作用が高いこととか、重金属吸着してくれるなど。柿渋で口臭対策したいです。

柿の葉茶でもいい。柿の効果わけて欲しい。


ただ、柿渋は抗菌効果などが激しすぎますから、飲用には注意が必要ではないかという気がしています。
気力のある人は、自分で人体実験してみてもいいかもしれません。自己責任ですね。

まとめ

個人的に、化学物質過敏症的に安心して使える「塗料」は、柿渋とベンガラくらいじゃないかと思っています。

消去法で考えていましたが、柿渋にそんなに強力な効果があったなんて!
防カビ効果もある、という説も見ました。

早速私もクローゼットに塗ってみたいと思います。